振り返り

20年経っても忘れない。小学校入学直後に大泣きした日。

みなさんこんばんは!
Pisaです。

皆さんは
涙が枯れるほど泣いた経験ありますか?

私はあります。今から22年前のことです。

当時のことを振り返りながら、

子供教育の参考にしていただければ

と思います。

お金が好きな幼少時代

「幼少時代」とはいつか
1歳~小学生までを指すことが多いですが、
本記事では3~5歳としましょうか。

幼少時代は「お金」が好きでした。

嫌なこどもだな、、

と思わないでください!
皆さん
今はお好きなくせに。

お金の価値はもちろん分かっておらず、
とにかく計算が好きで、
「お釣りの計算」などを
好んでよくやっていました。

親にもよく褒められていたので、
計算するのが好きになっていきました。

数学はずっと得意でしたし、
今でも確実に役に立っていると胸を張って言えます!

ちなみに、
小学生時代の愛読書は「数の悪魔」でした。

結構難しい内容でしたが
何回も読んでた記憶があります。

とても好きでした。
今も実家にあるはず。

小学校の楽しい思い出

小学校の思い出といえばなんでしょうか?
何を思い浮かべますか?

記憶を振り絞って書いてると、、

  • 牛乳キャップを収集する。
    2000枚以上集めた。
    所属小学校では手に入らない「別種類のキャップ」を持っている子が人気だった。
  • ペットボトルキャップをかっこよく飛ばす競技が流行る。
    私は技名を「ミッチェル」と名付け練習をしていた。
  • ドッチボールが休憩ごとに開催。
    不得意だったが「避け専」として、ある程度残った。
    最後の一人になったら地獄。どうしようもない。
  • 星形の何かを持っているだけで男に人気。
    遊戯王の流行によるもの。
  • 自由帳3冊分くらいを迷路で埋める。
    途中からRPG要素が入ってよくわからなくなる。
  • 習っていない範囲の漢字を書くと満点以上に点数が伸びるテスト
  • 百ます計算がとても早かった。
    たしか27秒くらい。早くてもどうということはない。
  • 情報の授業でマウスに入っているボールが転がって無くなる。
    トラックボールではない。
    ブラクラを踏む悪質ないたずら。
  • さんさんさん、さわやか三組~
    ジャングル大帝レオ あたりをよく見てた気がする。
  • ブランコは上級生が牛耳る。
    ブランコ好きやった。

10個挙げてみました。

共感得られますか?
結構独特な子供だったかもしれない。

こう振り返ってみると、
小学生時代は楽しかったですね。。

無邪気で一番楽しめてたかもしれない。

スポンサーリンク

大泣き経験から学ぶ子供教育

本題から大きくそれてしまいました。

学年が上がるときって
大量の教科書を持って帰りますよね!

新品の本をたくさん持ってることが
すごいわくわくしてました!

小学1年生になった私は、
教科書を持って帰って
早くやりたいことがあったんですね~

そう、計算を解きたかったんです。


算数の教科書を開いて、
1冊すべての問題を無我夢中で解きました。

いやぁ、あの時間は楽しかったですね。

そして、買い物から帰ってきたお母さんに見せつけました。

これだけ問題解いたんだから、
「さぞ褒められることだろう」
どや顔で教科書を見せつけた記憶。

しかし、待っていたのは お怒りでした。

自分の予想していた(期待していた)反応
全く真逆の反応にかなりショックを受け、

私は野々村議員よろしく
泣いてしまったというわけです。

理由としては

教科書に直接答えを書いてはいけない
(何回も解けるように、ノートに回答を書く)

ということらしいですが、
そんなこと知らないし、
みなぎっていたものが崩れ去った感じでした。

解いた回答を自分で全部消していく拷問

未だにこの事件は許せないでいます。

まとめ

はい、というわけで
私の小学生時代を振り返ってみました。

私も28歳になり、あと3年もしたら
子育てが始まるのかなという年頃です。


大人になっても、子供でも、
相手が何を考えているかなんて
わからないものですが、

子供たちが
何を期待して行動をとっているのか考えて

試行錯誤しながらも
教育を行っていきたいなと思います。

勉強の毎日ですね!

ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

Pisa

スポンサーリンク